Pegopiny

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原発問題どこにゆく

福島県沿岸の福島第一原子力発電所で事故が発生し、東海村臨界事故を上回るレベル5に引き上げられ国内史上最大の原子力災害となりました。
初期対応を間違った政府の責任を問う声が出ています。


初期対応として首相が行った「上空からの視察」。
このときにすでに原発内で炉心溶融が起きていたと報じられました。
官邸内に篭って最新状況を発表していればよかったのかもしれません。
民主党政権は政治主導にこだわり、失敗も起こしてしまった事例もあります。次回国政選挙で国民の審判は下ります。
菅首相がどう言い訳をしようと、「あなた」のことを国民は見ています。

確かに統一地方選も近づき政界に焦りもあり、党利拡大をねらう政党は多いです。
ですが、現在はそういったことよりも支援活動や復興活動、挙国一致(大連立しろと言ってるのではありません)でつとめていくべきだとわたしはおもいます。

阪神淡路大震災のころも、自社政権下で非自民の村山内閣でした。
村山首相は政治思想から自衛隊を敬遠しそれの派遣がおくれ被害が出たとして辞任に追い込まれました。

今回はどうなるでしょうか。
注視ですね。

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

  1. 2011/03/29(火) 19:08:45|
  2. 社会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。