Pegopiny

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国旗国歌条例案が可決へ 大阪府

 大阪府の橋下徹知事が率いる地域政党・大阪維新の会の府議会会派は25日、府内の教職員に対して国歌斉唱時の起立を義務づける条例案をまとめ、議長に提出した。他の主要会派に同調の動きはないが、維新は単独過半数を占めており、6月3日までの今議会での可決は確実だ。(読売新聞



わたしはこの条例案に賛成です。

まず「みんなで歌いましょう」ということができない教員が、児童生徒を教育することが出来るのか、疑問です。
国歌斉唱時に起立するのは、海外でも一般的だといわれています。
国旗国歌が歌えない、歌いたくないと言うなれば、別に歌わなくても良いのです。そのかわり、日本からは出ていってください。
日本国籍で居る義務はないですからね。産まれたこの国への愛国心がないのであれば、お好きな国の国籍を取得してお好きな国歌を歌えばいいことです。
公務員というのは国(公)のために尽くす仕事です。国民の税金でお給料を貰っています。
それなのに、国のシンボルの国旗国歌が歌えない、どういう神経なのか分かりませんね。
日本国法律である国旗国歌法案は民主主義にのっとって国会で成立した法案であり、民主主義に反するというならば、それは矛盾しています。

国旗国歌が歌えない教員など、教員免許を剥奪して公務員をやめさせれば良いのです。
それを全国で初めて行った大阪府は良かったとおもいます。

多くのマスコミ各社も政治的スタンスにかかわらず、この条例案を取り上げています。
右派として著名な産経新聞は「当然である(社説)」と評価。
左派であり社説で産経と対立することもある朝日新聞は「条例を盾に起立、斉唱させるなら、強制以外のなにものでもないし、立法の精神を無視しているともいえる(社説)」、毎日新聞は「国旗国歌を重んじる立場の中にも今回のことに疑問を持つ人は少なくない(共に生きる・在日コリアン執筆)」とあまり良い評価を下していません。

テーマ:政治のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/05/27(金) 20:08:03|
  2. 政治
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。