Pegopiny

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛国心とは

愛国心
あなたは、この言葉を聞きどう思いますか?

「いい事だ」とおもったかたもおられるでしょうし、「よくないぞ」と思う人もいる人もいるでしょうね。
これに関しては様々な意見がありますが、わたしの意見は前者です。

言葉のイメージ


日本において、愛国心という言葉がプラスの意味で取られることはないんじゃないかなぁと思います。
むしろ、マイナスイメージのほうが強いでしょう。
なぜそのようになってしまったかというのは、今までの教育だとか政治だとか様々です。

中国では愛国心を持つことは当然だとされ、学校では休み時間に国家を歌ったり国旗に敬礼などをすることが義務になっています。

日本もそれを取り入れろ、とは言いませんが、もう少し国民が愛国心について考え直し、我が国にたいし誇りを持てるような国民を育てていく教育をしていけば、イメージの改善につながるのではと思います。

押し付けはするな


愛国心を押しつけても、何の意味もありません。
押し付けられれば、逆にそれを受け入れがたくなります。何でも一緒だと思います、愛国心でも。
もし日本の教育が戦前の軍国主義的な押し付け愛国心に変わったとすれば、愛国心について反感を持つ人は増えますよね。

だからわたしは、愛国心の押し付けはしてはいけないと思っています。
愛国心は押し付けるものではなく、育てていくものです。

育てることを「押し付ける」と表現する考え方の人もいらっしゃいますがそうはおもいません。
日本の国を誇りある国にしていくのは、わたしたち国民であるのです。選挙だけがそれではありません。
愛国心を育てるということは、これらも含めたことであると思います。

誇りある国に


今この日本を、世界に誇れますか。
誇れない、と思われた方、それはなぜですか。誇りある国ににしていくにはどうしていったらよいですか。
我々国民の大きな課題です。政治の問題だけではないです。

愛国心とは


愛国心とは、この国の生命や文化風土を愛し、世界中の人達との協調性をもち差別なき関係をもつことだと思います。
世界中のすべての人々を愛したうえで、この国の全てをあいせるのです。

愛国心をもつことは悪いことではありません。むしろ素晴らしいことです。
日本国を世界に誇れるような国にしていきましょう。

テーマ:憂国 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/12/20(月) 22:34:53|
  2. 歴史
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。