Pegopiny

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

創価学会について

創価学会。誰しも生きていれば、一度は聞いたことのあるその名前。
元学会員であるわたしが、中立的な観点からお話しします。

はじめに


現在は、創価学会とは全く無縁です。
小学校高学年のときに母親が離婚し再婚しているためです。
現在は学会員でもなく学会活動も全く行っておりません

創価学会とは


創価学会(以下、学会)は、東京都新宿区信濃町に本部を置く新興宗教です。元々は日蓮正宗系の法華講。

1930年に教師であった牧口常三郎と戸田城聖が設立した「創価教育学会」がもとになっています。
その牧口は、第二次大戦時中の国家神道中心の政策に従わず「仏教をもとにして戦争に勝つ」と説いたため、逮捕され獄死しています。
1945年7月、戸田が出獄し現名称に変更し75万世帯の目標をたてました。そのもとで「折伏大行進」とよばれる、大人数で一人暮らしの世帯に押し寄せ布教したり、他宗教の仏壇や神棚を焼くなど強引な勧誘活動をおこない、世間から非難をあびました。
戸田の死後に池田大作が会長に就任し、会員は800万世帯を突破し大規模となり、「公明党」を設立し政界に進出するなど現在の学会の基盤が作られていきました。
1969年に、学会が批判本の発行を妨害した「言論出版妨害事件」(しんぶん赤旗が報じる)、翌年は日本共産党委員長 宮本顕治の自宅に学会員が盗聴器を仕掛けた事件が発生。学会を批判すると怖い、という雰囲気が出てきたのはこのあたりです。
1975年に池田は創価学会インタナショナル(SGI)を設立。
1991年には、対立が高じていた宗門、日蓮正宗から破門され、学会はこれより日蓮正宗に対する批判を強めていきます。2年後には、オウム真理教が池田にたいして殺害(ポア)未遂を図り、幹部数人が被災しました。実行者は死刑囚となっています。


このような様々な歴史を持ち、こうして現在にいたっています。

学会活動


前父の家庭が学会員で、わたしも学会員でした。
祖母が一日一回仏壇に向かい題目も唱えていたのを鮮明に覚えています。幼い頃は学会に関する知識もなく、素直に「こんなに覚えられてすごいな」とおもって傍から聞いていたのも覚えています。

地区の座談会や大きな会館(地方会館)で行われる会合にも何度か行きました。そのときのこともはっきりとおぼえています。

ほかには、祖母とその友人と勧誘についていったこともあります。
各家庭を訪問していくのです。

座談会の思い出


前者の座談会とは、100人単位ぐらいで構成された地区ブロックの中の家庭にあがって、学会の教えに関する勉強会をします。
大白蓮華(学会の雑誌)のなかの日蓮(学会内では大聖人と敬称をつけるのが一般的)による御書をみんなで音読したり意味を教えあったりします。
ほかにはみんなでおかしやお茶を飲んだりのんびりします。
実は、この座談会、みんなのなかでいくら勧誘して入信させたか(折伏)などを教えあうこともあったようです。多く折伏させた人は讃えられます。

少年少女部(小学生)の会合もありました。
小学生文化新聞(小学生向けの聖教新聞のようなもの)のライオンキング御書(日蓮の言葉を小学生向けに手直しした物)とよばれる教え?のようなものをみんなでノートに書き写したり音読したりします。
最後までいれば、お菓子がもらえました(行っていた理由はお菓子目当てでした笑)。

地方会館での思い出


後者の会館というのは、大きな会館で何百畳もあるような畳部屋がいくつもありました。その部屋は一番前にはステージと大きな仏壇がおいてありました。そこで大会が行われるときは、学会ンの人たちが座布団に正座しステージに向いているのです。
七五三の頃、地方会館に七五三のお祝いにもいきました。そこで長い千歳飴ももらってたべました。

学会員の印象


一方的に擁護するつもりはありませんが、学会員のかたは身内同士だと本当に優しいです。
ほかで何を行ってるのかは分かりませんでしたが、すくなくとも学会員同士のコミュニティは温かいものでした。
悪い印象はないです。

さいごに


わたしがこれまで経験してきた学会活動にかんする話をしてきました。
現在、学会員であるかたが「ここはちがうぞ」という意見は歓迎しますが、根も葉もない中傷はおやめください。
わたしは、創価学会に対していい印象を現在は持っておりませんが、人が何を信じるかは自由だと思います。
ただもし学会が犯罪活動に手を出したり反日活動に手を染めたりすれば、表立って批判します。

また、当サイトを「 創価を肯定している」だと言われるのは否定します。そういったつもりでは全くございません。

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/12/30(木) 18:05:03|
  2. 特集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。