Pegopiny

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学校掃除不要論


ツイッター上で、現役中学生から「学校掃除不要論」が提案され、論議を呼んでいる。このツイートを発信したのは、大阪府豊中市の公立中学に通う西田成佑さん。彼が17日に、「学校掃除ってあんまり要らない気がする。生徒じゃなくて業者が掃除すれば学校ももっときれいになるのに…」というツイートを発信すると、この発言が注目を集めた。そしてツイッター上では、反論する大人が多数あらわれた。【niftyニュース



わたしも同じ現役中学生として、コメントします。

まず、わたしは「掃除も教育の一貫である」とおもいますので、なくすことには反対です。
掃除は「学業に関係はない」とときにいいますが、学校は学業だけを勉強しに来てるのではないのです。将来、ひとりで生活するにも掃除は必要です。
またそれを「わざわざ学校で教える必要がない」という意見もあるでしょうが、それをはっきりと教育しない無責任で無神経な保護者が増えているという問題からも、掃除も含めた基礎的な生活知識を学校で教える必要があると思います。
「キレイにならないならする意味がない」と西田くんはおっしゃておられるのですが、掃除は物理的なものだけではなくて心理的精神的にきれいにすることでもあり、物理的に綺麗にならなくても、普段そこで勉強したりお世話になっている学校施設そのものやまわりにたいして感謝の心を示す行為でもあると思います。
自分で掃除ができない人間は、心も体も汚れていきます。

会社に就職した場合も、掃除の時間というのは少なからずあるでしょう。
そのときにも彼は「掃除なんて無意味だ」というのでしょうか。

西田くんを個人攻撃するつもりはないのですが、最近はこういった無責任で稚拙な考え方の児童生徒と保護者が増えています。所謂「ゆとり世代」です。
こういった方々のお陰で我々の世代が軽蔑されていくのだなぁと思うと、切なくもなり、腹立たしく思います。

「しっかりしようぜ、おれら。」

テーマ:痛いニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/01/05(水) 22:06:22|
  2. 教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。